手続きはどうすればいいのか?

確定申告が出来るくらい稼げるサイトは以下

第1位 モッピー

第2位 ポイントタウン

第3位 ハピタス

さて、お小遣い(ポイント)サイトで稼いだポイントはもちろん確定申告をして納税しなければなりません。

ポイントだから確定申告をしなくても良い?そんなバカな話はありません。

 

確定申告は毎年2月16日頃から3月15日頃までに行わなければなりません。

お小遣い(ポイント)サイトで稼いだポイントは『雑所得』という所得税で納税します。

納税対象は去年1年間(1月~12月)の年間所得(収入―必要経費)となります。

会社員で給与所得がある場合は20万円以上の所得、無職で他に収入のない方(専業主婦など)は年間所得の合計が38万円を超えた場合に納税の義務が発生します。

※但し、20万円以下の所得でも住宅ローン控除、医療費控除、寄付金控除(ふるさと納税の還付)で確定申告をされる方は例えお小遣い(ポイント)サイトの所得が20万円以下であろうと1円以上の所得があれば申告の必要があります。

 

確定申告が必要な方は

①会社員など給与所得のある方は20万円以上の所得
②無職で他に収入のない方は38万円以上の所得


③住宅ローン控除、医療費控除、寄付金控除(ふるさと納税の還付)で確定申告をされる方

 

年間所得とは(収入―必要経費)ですが、お小遣い(ポイント)サイトでの収入とはポイントが確定した時が収入となります。

つまり、獲得したポイントを現金化、商品券、ギフト券へと交換した場合を収入として計上するのではなく、お小遣い(ポイント)サイトの通帳へポイントが反映した時が収入となります。

現金化していないから確定申告をしなくてもいいという話しはまかり通りません。

獲得したポイントを交換した申請日を収入として計上するとか、自分の通帳に現金が振り込まれた時に計上するとか言われている事が多いのも確かで迷うと思います。

実際にいろいろな見解があるのでどれが正解か分かりませんが、私の顧問税理士は”ポイントが確定した時”と言ってますのでこの計上の仕方が無難だと思われます。

では、毎日ポイントが確定するがそれを毎日帳簿に記録する必要があるのか?それは1ヶ月毎の単位でまとめていいみたいです。

そして必要経費とはホームページやブログを運用している方はサーバー代、ドメイン料などが経費として差し引く事が出来ます。

私はお小遣い(ポイント)サイト経由で購入した商品代も必要経費として計上しています。もちろん購入日、領収書などは全て記録、保管しておいた方がいいですね。

お小遣い(ポイント)サイトで稼いだポイント収入から必要経費を差し引いたのが所得となります。

ですから必要経費が多ければ税金も少なくなるわけです。

お小遣い(ポイント)サイトでは必要経費なんぞはほとんどないですから納税額は高くなる傾向になります。

それでは対象を会社員に絞り確定申告書を元に説明していきます。

まず必要な書類は

①確定申告書B第一表
②確定申告書B第二表
③給与所得の源泉徴収票(原本)
④所得の内訳書
上記4種類の書類が必要になります。

書類は「確定申告」と検索して「確定申告書等作成コーナー」で取り寄せるか、直接最寄の税務署へ立ち寄って取り寄せるかにして下さい。

では、確定申告書B第一表から説明致します。まず収入金額等への記入ですが、会社員なら(カ)の給与に源泉徴収票に記載されている給与の金額を記入します。そして(ク)へお小遣い(ポイント)サイトで得た収入の合計を全て記載します。以上の2項目だけになります。 確定申告1

次に所得金額欄への記載となりますが(6)へ源泉徴収票に記載されている所得の金額を記入します。(7)へ必要経費を差し引いた金額を記入します。(9)は(6)と(7)を合計した金額を記入しますが、パソコンを利用して作成している方は自動的に計算されます。 確定申告2

残りの税金の計算なんぞは自動で計算されますので記載するのはこのくらいでしょうか。確定申告書B第二表もだいたい自動で計算されますのでここでは割愛させてもらいます。

サラリーマンが副業を会社にばれないようにやっておかなければならない事

副業禁止の会社では副業がばれないよう絶対にやっておかなければならない事は第二表で住民税の徴収方法の選択を自分で納付するに○をすること、これに○をしていなければ会社の給料から住民税が引き落とされすぐにばれてしまいます。間違えて給与から差し引きの方へ絶対に○をしないでください。副業がダメな会社ならクビになる可能性が高くなります。

住民税の徴収方法の選択は会社員なら
会社から差引→×
自分で納付する→○

会社で副業がOKな場合は会社から差し引きでいいでしょう。

副業がばれたらこう言いましょう

「FXで儲けたんですよ。すごいでしょ。」とでも言っときましょう。それ以上詮索される事もないでしょうし、本業に影響がでなければ副業は問題ないです。でもばれたら職場で居心地が悪くなる事は必至なので、できるだけばれない事が重要なのは言うまでもありません。


最後に所得の内訳書を説明させてもらいます。内訳書には種目、支払い者の氏名や名称、住所を記載します。種目には株の配当なら「配当金」、講演等の収入なら「講演料」と記載し、お小遣い(ポイント)サイトなら「ポイント料」でいいでしょう。

そしてお金を頂いた会社の名称と住所を記載します。「げん玉」なら「株式会社リアルワールド」、「モッピー」なら「株式会社セレス」という風に記載します。

後はインターネットでその会社の住所を調べて記載するだけです。ですので住所等の記載がないサイトは悪質サイトと断定できるわけです。 確定申告3

そして、後は納付するだけです。税務署で頂いた納付書に算出された納税額と自分の住所・氏名を記載して金融機関で支払うか口座引き落としのどちらかにするだけです。

その後6月に住民税の納付通知書が届きます。これを忘れてお金の無駄遣いをしないようにしましょう。自分が思っている以上に高額な納税金の請求が来ますよ。

所得税・住民税はnanacoで支払いましょう

所得税・住民税は銀行引き落とし、現金払いだけしかできないと思う方が多いと思います。しかし、唯一「nanaco」という電子マネーだけがそれらの支払いが可能となります。

なぜnanacoで支払うと得なのか?

電子マネー「nanaco」で税金を支払うと特します。それはクレジットカードから「nanaco」へチャージできるからです。という事はチャージした分のポイントが還元されるという訳です。

例えば

20万円の税金を支払おうとポイント還元率1%のクレジットカードで20万円チャージした場合、2,000円分のポイントが還元されるので、【実質198,000円】の支払いで済むわけです。お得ですね。

nanacoがチャージできるクレジットカードは限られています。更にポイント還元率が1%以上ないとあまり得した感がないのでメインで使えて、1%以上の還元があるクレジットカードを紹介します。

楽天カード ヤフーカード リクルートカード

以上、お小遣い(ポイント)サイトの確定申告方法でした。

このページの先頭へ