誰でもできるお小遣い稼ぎ法を紹介

企業一覧

ポイ活アプリ「トリマ」の危険性と評判

トリマというスマートフォンアプリについての個人的な考察と意見を紹介します。
トリマとはアンドロイドおよびiOS共に利用することができるアプリです。
それぞれのストアから無料でダウンロード、インストールする事が出来ます。
いわゆる最近はやりのポイ活アプリといわれる、ポイントを貯めていろいろな商品に交換、活用できるアプリです。
もちろん会員登録や年会費は無料です。
トリマは電車や車、徒歩での移動した距離や歩数に対し、アプリ内のマイルを獲得しマイルを貯めていくアプリです。
実際には100マイル獲得するために企業広告の動画を視聴することが必要になります。
広告動画をスキップすることも出来ますが獲得マイルが少なくなります。
この事がやや面倒ではありますがスポンサーなのでしょう。しかたないです。
マイルを一定数貯めると外部サイトを経由してamazonギフト券やiTunesギフト券などに交換できます。
ほかにも多数の商品があり注目は銀行振り込みにより現金化することもできます。
しかも振り込み手数料も無料の為、現金に換金することがもっともお得といえます。
現金でamazonなどで買い物すればまたポイントが付きますし。
アプリ内でマイルを移動することで貯める方法とは別に、アンケートに答えることでもマイルを獲得できます。
これはアンケートが短い場合はすぐにマイル獲得になりコスパがよいのですが、獲得できるマイルに釣り合わない程のアンケートに答える必要があることも結構ありいわゆる割に合わない為、実際はほとんど利用しません。
またある外部のアプリをインストールするとか、楽天や銀行系のクレジットカードを新規で作成するや、サブスクリプションの動画サイトで会員登録するといったミッションといわれる一定の条件をクリアすることでまとまったマイルを一気に稼ぐことが出来ます。
前に私と共にトリマを利用している息子と同じミッションを行った際の経験を聞いてください。
その時のミッションはLINEマンガのアプリをダウンドロードしインストール、それから一週間つづけて無料マンガを読むといった案件でした。
一週間達成でマイル獲得になります。
私も息子もこれまでLINEマンガをインストールしたことはなく、参加条件に適合していましたので、同じ条件で同日にミッションを開始しました。
一週間後、息子のアイフォンでのトリマには9500マイル(950円相当)が入りました。
同日に始めた私のアンドロイドスマホのトリマには一週間が過ぎ、ずっとしばらくマンガを読み続けましたが9500マイルは入ることはありませんでした。
途中で失敗したことはありません。マンガが意外とおもしろかったのでノルマというより割とハマって読んでいました。
他にもあるゲームアプリをダウンロード、インストールまでは簡単にできましたが、そのゲームを一定条件まで進めてやっとマイル獲得の条件達成となる案件も挑戦しましたが途中で断念。
もらえるマイルと達成条件がアンバランスというか、やはりさほど興味のないゲームを続ける事が困難です。
条件を達成しても貰えなかったマイルに関しては運営側に問い合わせることも出来るのですがなんだか面倒でそのままにしてます。
トリマでポイ活を始めて約3か月ですが移動によるマイル獲得やアンケートは問題なく利用できてますが、ミッションについては報酬の条件達成までに一定の期間が必要になる事と、途中で興味が続かない事がほとんど。
なのでミッション事態の達成をわすれてしまったり、達成するまでに失敗してしまう心配もあるので正直ミッションはあまり行いません。
私は仕事柄車での移動が多く、移動によるマイルが溜まりやすいこともあり他の方法でのマイル稼ぎは向いていないようです。
普段仕事や通学で移動の多い方にはマイルが溜まりやすいのでポイ活アプリの中では面白いと思いますが、いちいち広告動画を見ないといけないためスマホをわりと手放せなくなります。
あとスマホのGPS機能を利用し続けますのでスマホの電池もちが悪くなる事と、アプリを起動していなくてもバックグラウンドでトリマが動作していることでその他のアプリが重たくなる現象があります。
これはお持ちのスマホのスペックによっても差があると思いますが。
最後に最近テレビ番組等で紹介される事が何度かあり、その効果なのかサーバーが非常に重たくなり100マイルごとの広告動画が再生されなかったりエラーになってします現象も多発してます。
移動することでマイルがたまっていく仕様なのに、マイル獲得時の広告動画が再生されないことでマイルが満タンになりそれ以上溜まらない状態になる事が非常にストレスになります。
とわいえこれからもずっと利用していきたいポイ活アプリですので今後とも期待してます。
運営会社様の方でもこのような現象は把握できているでしょうから早く安定するようお願いしたいものです。

 

 

移動がポイントになるトリマ(アプリ)。危険性や運営会社、ポイントのため方

トリマは歩数や移動距離でポイントがたまるお得なアプリです。でも歩いたり移動するだけでポイントがたまるなんて本当に安全なのか気になりますよね。ここではトリマの危険性や運営会社、ポイントのため方をチェックしていきます。

トリマってなに?

トリマは、普段の移動でポイントがもらえるアプリです。他のポイントサイトのアプリノダウンロードや無料会員登録だけではなく、あなたが移動するごとにマイル(トリマ内のポイント)が貯まります。
貯まったポイントは電子マネー、ギフトコード、他社ポイントなどに交換ができます。

運営会社は?

トリマの運営会社はインクリメント・ピー株式会社という会社で、1994年にカーオーディオ等で有名な大手企業パイオニアの完全子会社として設立されました。(2021年6月に投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ株式会社に売却。)
2022年1月20日よりジオテクノロジーズ株式会社に社名変更されるようです。

インクリメント・ピー株式会社はデジタル地図やカーナビゲーション事業を展開しています。
デジタル地図の完成度を上げるために、トリマで詳細な位置情報データを集めるかわりにマイルを還元しているとのことです。
パイオニアグループではなくなりましたが、いまでも協業関係は継続しているので、トリマは安心して使える安全なアプリだといえます。

どうやってマイルをためるの?

トリマは歩数や移動距離によってマイルを獲得できるのが他のポイントサイトにない最大の特徴です。それ以外にも多くの方法でマイルを貯めることができます。

1.移動してマイルをためる
車や電車での移動でマイルが貯まります。10㎞移動ごとにタンクが満タンになり、マイルがもらえます。
1日の上限はタンク200本(2,000㎞)ですので、遠距離移動しても上限を気にすることなくマイルが貯えられます。

2.歩数でマイルをためる
歩数で貯める場合は、1、000歩ごとにマイルがもらえます。上限は10,000歩ですので10回マイルが獲得できます。

個人差はありますが、日本人の平均歩幅は男性が70cm、女性が60cmほどなので、600~700mあるけば1,000歩になり、マイルがもらえます。通勤や散歩、ショッピングなどしていればすぐに貯まりそうですね。

3.ミッションでマイルをためる

ミッションは、他のポイントサイトのようにクレジットカードの発行や無料会員登録、アプリのダウンロードでマイルを貯める方法です。
他の方法よりも獲得マイルが高いのが特徴ですが、マイル獲得条件があり、クレジットカード発行など時間がかかるものもあります。

4.アンケートでマイルをためる

アンケートに答えることでもマイルをもらえます。簡単なアンケートなので時間はかかりません。ちょっとしたスキマ時間でやるにはおすすめです。

5.ランキングでマイルをためる

トリマでは、1週間(月曜日~日曜日)の「歩数」「移動距離」のランキングでもマイルがもらえます。
1位は100,000マイル、2位が50,000マイルなど高いマイルになっていますが、ランキングが低い人でも10マイルもらえます。

6.スロットでマイルをためる

トリマにログインすることでコインがもらえます。コインが5枚貯まるとガチャが1回引けます。

1等(777)は5,000マイル、2等(すいか)1,000マイルなどです。

7.ガチャ

移動や歩数でタンクが満タンになったらガチャが引けます。
1等100,000マイル、2等100マイル、1等メダル1枚でハズレはありません。

8.友達紹介

友達紹介では、招待した人も招待された人も5,000マイルがもらえます。
最大で10人まで招待ができます。

マイルの交換方法

色々な方法でためたマイルはギフトコードや他社ポイント等に交換できます。
100マイル1円で30,000マイルから交換可能です。

現金は100,000マイルから交換可能です。少し手間はかかりますがドットマネーで口座開設してマイルを交換し、ドットマネーから銀行振り込みをすることで現金化することができます。

まとめ

トリマは、歩数や移動距離でポイントがたまる良いアプリでした。
2020年10月に正式リリースされた新しいアプリで、これからのサービス拡大も期待できるおすすめのポイントアプリです。