未分類

lit.link(リットリンク)に危険性はある?安全に使用するためにはどうしたらいい?

最近TwitterやInstagramでよく見かけるlit.link(リットリンク)をご存じですか?

lit.link(リットリンク)とはプロフィールページに複数のリンクをまとめて表示できるURLまとめサイトです。

いろんなリンクがまとまっていて便利だよね

よく見かけるけど危険性はないの?

SNSで多く使用されていることからlit.link(リットリンク)から他のURLへとアクセスしたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事でlit.link(リットリンク)とはどのようなものなのか、危険性はないのか、安全に使う方法を紹介します。

lit.link(リットリンク)とは

lit.link(リットリンク)はスマホひとつで簡単にプロフィールページを作ることができるSNSまとめサービスです。

TwitterやInstagram、ブログやYouTubeなどのリンクをプロフィールページに一括表示することができます。

デザイン性が高くテンプレートや背景画像の種類が豊富で誰でも簡単におしゃれなプロフィールページを作ることができる人気のサービスです。

無料でスマホひとつで作成できるので複数のSNSを運営している人にはとても便利なサービスですね。

lit.link(リットリンク)の作成・使い方

  • アカウント作成

まずはじめにlit.link(リットリンク)にアクセスして新規登録を行います。

LINE連携を行い各情報を入力すしたらアカウント登録完了です。

  • 使い方
ログインして編集ページに切り替えるの画像
引用元:【公式】リトリンとは?litlink(リットリンク)の使い方を詳しく解説!

ログインして編集スイッチをオンにするとプロフィールページの編集が可能です。

次に好きなテンプレートを選び設定します。

SNSリンクを入力するの画像
引用元:【公式】リトリンとは?litlink(リットリンク)の使い方を詳しく解説!

各種SNSにユーザーIDを入力し保存したらリンクの挿入が完了です。

あとは作成したlit.link(リットリンク)のURLをSNSなど好きなところに貼るだけなので簡単にSNSまとめサイトをつくることができるのが分かりますね。

デザイン設定やリンク設定など様々な機能もあるので自分だけのオリジナルまとめサイトを作成できます。

lit.link(リットリンク)の口コミ

lit.link(リットリンク)に悪い口コミはほとんどなく、評判がいいことが分かります。

無料とは思えないデザイン性の高さとスマホひとつで作成できるのが人気の理由の一つです。

操作も簡単なので他のSNSまとめサイトから乗り換える方もいるようです。

リットリンクに危険性はある?

多くの人が利用しているlit.link(リットリンク)ですが実際に使用するにあたって危険性はないのでしょうか。

lit.link(リットリンク)は日本の「TieUps株式会社」という企業が運営している安全性が高いサービスです。

多くの著名人やインフルエンサーも使用していてサービス自体に危険性はありません。

SNSで見かけることが増えてきてlit.link(リットリンク)からリンク先にアクセスしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、lit.link(リットリンク)の危険性はこのリンク先が一目で見えないことにあります。

リンク先が見えないことが危険な理由

引用元:lit.link(リットリンク)

lit.link(リットリンク)はこのような見た目になっていてTwitterやInstagramなどのSNSに簡単にアクセスできるようになっています。

しかし、URLなどが表示されているわけではないので一目でそのリンク先が本当はどこなのかわからないという危険があります。

多くの人が利用していることから見た目の不信感がないので疑いなくリンク先をクリックしている方は要注意です。

リンク先が不正なサイトであったりスパム被害に遭う可能性があります。

見た目でわからないことを利用した危険があるのがlit.link(リットリンク)です。

では安全に使用するにはどのようにしたらいいか紹介します。

lit.link(リットリンク)を安全に使う方法

リンク先が一目で確認できないのがlit.link(リットリンク)の危険性です。

なのでアクセスする際は一度リンク先がどこなのかを確認すると安全に使用できると言えます。

リンク先の確認方法は端末により異なります。

スマートホンの場合

スマホの場合はlit.link(リットリンク)に表示されているリンクを長押しします。

長押しするとリンク先のURLが表示されどこにアクセスするのか確認することができます。

パソコンの場合

Windowsの場合はリンクを右クリックすると「リンクのアドレスをコピー」することができます。

コピーしたリンクを検索ページなどに貼りつけることでリンク先のURLを確認することができます。

Macの場合は2本指でタップするとWindowsの右クリック同様に「リンクのアドレスをコピー」することが可能です。

まとめ

今回はlit.link(リットリンク)の危険性について紹介しました。

SNSをまとめたおしゃれなプロフィールページを簡単に作ることができる人気のlit.link(リットリンク)。

様々なSNSがまとまっていてとても便利ですよね。

不正なサイトにアクセスしたり、スパム被害に遭わないためにも危険性を理解してSNSを安全に楽しみましょう!