未分類

中学生のバイトや副業はポイントサイト以外がおすすめ

 

中学生のバイトはポイントサイトがいいとネット上でも噂されますが、毎月数十万円、数万円というお金を稼ぐことはまず不可能です。

月に数千円程度のお小遣いなら、ポイントサイトでも可能でしょう。

 

やはり、ポイントサイトで毎月数万円を稼ぐのは中学生ではなく成人の方が圧倒的に有利です。

そこで中学生でもできるポイントサイト以外の副業を紹介します。

アンケートでポイント貯めてお小遣い稼ぎ byマクロミル

アンケートでポイント貯めてお小遣い稼ぎ byマクロミル
無料
posted withアプリーチ

マクロミルという、アンケートにポチポチと答えればいいだけのアプリです。

アプリをインストールするだけの手軽さがいい。

 

電車内で隣に座っていた中学生もマクロミルで貯めたポイントで、スマホゲームの課金をしたという話を実際に聞きました。

中学生がバイトで大金を稼ぐということは不可能ですが、お小遣い程度を稼ぐということならポイントサイト以外で可能です。

 

もちろんポイントサイトも、お小遣い程度なら稼げます。

\え!?入会だけで?/

ワラウ公式サイトへ

最大800円の入会特典がもらえる!

特にアプリゲームなんて、時間を持て余している中学生ならもってこいのポイント稼ぎではないでしょうか。

中学生でも親にばれないバイトはありますか?

非合法ならいくらでもありますが、自分の人生が終わってしまいますし、親を泣かせることになります。

合法的に中学生でバイトができるのは新聞配達か牛乳配達ですが、それができない場合は中学生でお金を稼ぐということは諦めましょう。

 

その代わり、お金の稼ぎ方や経営者の考え方などの本を読んで知識をドンドン入れていけばいいと思います。

中学生からお金を稼ぐことに興味があるのは、とても素晴らしいことです。

 

中学生の時期は、経営の仕組みなどを頭の中に取り入れる時期と思い我慢する。

そして労働ができる年齢になった時に、その知識を存分に使うことが最も最短で多くのお金を稼ぐ方法かもしれません。

 

投資の神様として有名な「ウォーレン・バフェット」

彼はネブラスカ州オハマ図書館に置いていた投資関連の本を、なんと11歳になる頃には全て読破したという逸話があります。

そして、投資ができる年齢になってその知識を存分に使い巨万の富を得たことは有名です。

 

その彼が最大の影響を受けた本がベンジャミン・グレアムの「賢明なる投資家」

あなたも彼のようにビジネスの本を読み漁り、将来は巨万の富が得られるような知識をドンドン取り入れてはどうでしょうか。

 

中学生がバイトして簡単にお金を稼げる方法はあるのか?

「中学生がバイトして簡単にお金を稼げる方法はありますか?」

>>ないです。

 

法律で中学生のアルバイトを禁止しているからです。

中学生が合法的にバイトしてお金を稼ぐ方法といえば「新聞配達」か「牛乳配達」しかありません。

 

月に1,000円前後のお小遣い稼ぎならポイントサイト、アンケートサイトなどでポイントとして稼げます。

アンケートでポイント貯めてお小遣い稼ぎ byマクロミル

アンケートでポイント貯めてお小遣い稼ぎ byマクロミル
無料
posted withアプリーチ

マクロミルは実際に電車の中で中学生が『5,000ポイント貯めた!』と会話をしていたのが印象的でした。

通勤時間の合間にポチポチと、アンケートに答えるだけでポイントが貯まります。

 

この貯まったポイントを「iiTunes コード」や「Google Play ギフトコード」へ交換してパズドラに課金してたようです。

中学生が簡単にお金を稼ぐことは不可能ですが、お小遣い程度のポイントなら簡単に稼ぐことは可能ということになります。

 

中学生でもポイントサイトOK?

アルバイトもできない中学生が、ポイントサイトを使っても問題がないのでしょうか?

答えは「問題なし」です。

\え!?入会だけで?/

ワラウ公式サイトへ

最大800円の入会特典がもらえる!

 

年齢制限が設けられているポイントサイトもありますが、12歳から14歳で登録ができるポイントサイトも複数あります。

登録の時に親の同意が必要なサイトが多いですが、必要のないサイトもあります。

そこで、親の同意が必要なポイントサイトと必要のないポイントサイトを紹介しておきますね。

 

親の同意が必要なポイントサイト

親の同意が必要なサイト、必要でないポイントサイトを紹介しておきますね。

ポイントサイト名 親の同意
ワラウ 必要
ポイントタウン 必要
ライフメディア 不必要

 

ポイントサイトで稼いだポイントについては、現金や電子マネー、商品、商品券等に交換することが可能です。

もちろんポイントをゲームでの課金に使うこともできます。

 

サイトによっては、交換ができるポイント数に条件がある場合がありますが、500円程度の小額から交換できるものも少なくありません。

また、交換する対象によっては、数十パーセントお得に割り引いて交換できるものもあります。

口座が必要な場合もありますが、郵貯銀行であれば中学生でも個人で口座を開設することが可能です。

 

中学生がポイントサイトで親にバレずに稼ぐことは可能でしょうか?

可能です。

しかし、どのポイントサイトも電話番号の登録が必須となるので発信履歴が残ります。

 

発信履歴をチェックしている親なら何か言われるかもしれませんが、そうでない場合はまずバレないでしょう。

親にバレたところで何の請求もきませんし、電話もかかかってきませんので安心して下さい。

 

ポイントサイトで気を付けること

1つ目。危険そうなサイトに登録しないこと。

2つ目。月額課金サイトに登録しないこと。

この2つを守れば安全については大丈夫です。

 

特に月額課金サイトには気を付けましょう。

「当月は月額無料!」という課金サイト。

これが非常に危険なサイトもあるので、中学生ならなおさら敬遠した方がいいです。

私が実際に被害にあった月額課金サイトの記事も、合わせてお読みください。

【実録】悪質サイトから退会できなくなり継続課金を払い続けた私の末路

 

中学生がポイントサイトで月にどれくらい稼ぐことができる?

中学生はお金のかかる案件やクレジットカードに手を出すことができないので、基本的にミニゲームやアンケートや無料登録系で稼ぐことになります。

毎日1~2時間利用したとして、月に2,000円前後と思ってください。

ポイントゲットするコツ

ポイントをゲットするコツは、隙間時間を使ってミニゲームやアンケート、無料アプリのダウンロードを継続することがひとつ。

親をうまく使うこともひとつの方法。

 

親に『外食が安く食べられるところがあるから行こう!』と言ってモニター案件というものを利用するのが、もっともポイントが貯まる方法です。

 

確定申告について

中学生はバイトは出来ず、お金に困窮することもあります。

そんな時に利用できるのがポイントサイトです。

中には親の同意が必要なポイントサイトもありますが、親の同意無しで登録できるサイトもあります。

 

ポイントサイトはなかなか稼ぐのが難しくなってきていますが、数ヶ月ポイントを貯めれば、1万・2万円くらいのポイントは貯まります。

また携帯ゲームで最低額の課金をする程度であれば、2週間ほどあれば余裕で貯まります。

 

ポイントサイトの主なポイントの貯め方としては、サイト内のゲームに参加する、無料アプリをダウンロードする、アンケートに回答する、買い物をして買い物ポイントを貯めるのどれかになります。

また、お友達紹介をすると相互にポイントが貯まったりするため、中学生のコミュニティーを利用すれば一ヶ月で数千円を貯めることも可能になっています。

 

親の同意が必要になりますが、銀行口座開設を行うと1回で数千円ポイントが入ります。

アンケートやミニゲーム、友達紹介をやって稼げる額は一ヶ月平均で2000円~5000円相当でしょう。

 

もちろんやり方によってはそれ以上にもなります。

中学生の平均お小遣いの相場が月2000円~3000円なので、それと同額をポイントサイトで貯められる計算になります。

 

ただ、中学生は多感な時期で、かつ自己防衛意識がそこまで備わっていません。

そのため闇雲に登録してメールが大量に来たり、知らず知らず有料サービスに登録してしまう可能性があるため、その点だけは注意が必要になります。

 

そんな中、疑問として上がってくるのが以下の二点ではないでしょうか?
・ポイントサイトも確定申告の対象になるのか
・中学生でも納税義務はあるのか

 

結論から言うと両方ともYesです。

現実的には有り得ないでしょうけど、納税の義務はあります。

 

簡単に解説致します。

ポイントサイトの収入は「雑所得」として扱われます。

「現金に換えていない」

「アマギフやポイントにしか換えていない」

と思われるかもしれませんが、金銭と同等のものとして扱われ所得として扱われてしまいます。

中学生の場合は、所得から経費を引いた額が38万円を上回ったら確定申告をして、納税する義務が発生します。

(現実的には有り得ないと述べたのは、中学生が年収38万をポイントサイトで稼ぐことはほぼ不可能だと考えているからです)

その為、税金については心の片隅にでも置いておけばいいです。

 

学校などで中学生はアルバイトを禁止している所も多いと思いますが、そう言った子どもがどうしてもお小遣いを稼ぎたいと感じていればやはり現代のインターネットの普及により手頃に行える事がポイントサイトではないかと思います。

ポイントサイトであれば基本的にもらえるポイントも銀行に現金として振り込んでもらえたり、色々なカードなどにチャージをすることでお店で使えたりするなどとても便利に活用出来ます。

 

それが中学生であっても利用出来るとなればやはりアルバイトを禁止している所で中学生である事からどうしてもお金を稼ぎたいと感じると手軽に行えるのがやはりポイントサイトとなります。

様々なポイントサイトが存在していますが、基本的にアンケートサイトやゲームなどを楽しみながらポイントを稼いだり文字の入力によってポイントを稼いだりと様々な方法を行いながらポイントも稼ぐ事が出来ます。

 

ショッピングなどで経由するポイントの稼ぎ方などで高額なポイントをゲットする事も可能であり、中学生だからと言って稼ぐ事が難しい事もありません。

ただポイントと言ってもかなり稼ぐ事が出来ると言えばそれは疑問符であり、多少のお金が増えていく事が通常の流れとなります。

 

それはやはりアルバイトなどの時給に換算すればかなり少ない形にもなり労力もかなりあります。

インターネットがあれば何処でも行える事が手頃間があるだけであり、それを時間に直すとかなり効率の悪い条件での労働にもなります。

 

しかし中学生が働く事が出来ないとなればインターネットでポイントサイトを活用して稼ぐ方法はやはり時間の割合の低い労働であってもやっていく人も多いのかもしれません。

学業に専念することが一番とはいえ、お金は必要で自分の好きなものを買いたいと感じているのであればなおさらお金を稼ぎたい気持ちはあったりもします。

 

親がお小遣いをいくらあげているのかと言えば中学生でも毎月5千円程度だとおもいますし、その中で自分の好きなものを買う事が中々難しいのも現状としてあります。

ポイントサイトで少しでも稼ぐ事が出来ればプラスアルファーの金額を手にする事が出来る事でも有り、中学生くらいでアルバイトが禁止されている学校であれば当然稼ぐ手段としては最適になります。

インターネットの環境さえあればゲーム感覚でお金を稼ぐ事が出来るので時間をかけることが出来ればそれこそお金を増やしていく事も可能となります。

 

中学生がお小遣い稼ぎをする手段の1つとして、現在はおもにポイントサイト、お小遣いサイトなどと言われるサイト(以下、ポイントサイトと呼びます。)のサービスを使うことができます。

例えば、中学生は学校の友達の間で、スマホのゲームなどが流行することがよくありますよね。

ゲームでは課金をすることでより強いアイテムをゲットができるといった形式のものも少なくありません。

 

どうしても、友達とも差をつけたいということをもあり、ゲームに対して課金をする事は中学生の間でも行われていることです。

しかし、もちろん中には、お金持ちの家でお小遣いが潤沢にある場合もありますが、中学生は基本的には親からの少額のお小遣いの中からやりくりをして、課金をしていく必要があります。

中学生がアルバイトをすることは一般的にはできませんので、新たな方法でお小遣いを稼ぐ必要があります。そこで登場するのが、ポイントサイトと呼ばれるものです。

そこで想定されるのが、アルバイトもできない中学生が、ポイントサイトを使っても問題がないのかと言うことです。

答えは「問題がない」と言うことです。年齢制限が設けられているポイントサイトもありますが中学生である12歳から14歳で登録ができるポイントサイトも複数あります。

 

親の同意が必要でないサイトもあります。また、ポイントサイトで稼いだポイントについては、現金や電子マネー、商品、商品券等に交換することは可能です。

もちろんポイントをゲームでの課金に使うことができます。サイトによっては、交換ができるポイント数に条件がある場合がありますが、500円程度の小額から交換できるものも少なくありません。

 

また、交換する対象によっては、数十パーセントお得に割り引いて交換できるものはあります。

口座が必要な場合もありますが、郵貯銀行であれば、中学生でも個人で口座を開設することが可能です。

それでは、どのようにしてポイントサイトでポイントを稼いでいくかということが気になりますよね。それでは、いくつか紹介してみたいと思います。

まず、アンケートなどを答えることによって、ポイントを貯めていく仕組みのものがあります。かなり時間を要するものから、2択のものを選択するなまでありますが、アンケートに回答するとそれ相応のポイントがもらえるという仕組みです。

次にサイトの無料登録やアプリのダウンロードに応じて、ポイントがもらえるという仕組みのものもあります。

商品サンプルのサイトやその他のアンケートサイトなどに登録することによってポイントがもらえます。

続いて、ウェブでのコマーシャルを見てポイントを貯めていくものがあります。コマーシャルを見た後にポイントが加算されるような仕組みです。

また、ゲームやくじなどによってポイントが貯まる仕組みなものもあります。ゲームの種類もすごろくやクイズなどのものがあります。

その他、友達を紹介することやサイトでの買い物などによって、ポイントが貯めてるような仕組みもあります。

様々なミッションを経てポイントを貯めることができます。

お手軽に食べられると言うことで、良いことばかりのように思えますが、もちろんデメリットもあります。

1日にゲットできるポイントは限られていますので、中学生は時間をかけてポイントを貯めていくことになります。

 

勉強やクラブ活動、習い事など忙しい中で、取り組む必要があります。そのため、使用を制限をしている親も存在します。

すぐには貯めることができないことを学ぶことが重要ですが、かなり時間を浪費することとなります。

また、安全性の面でも、安全なポイントサイトばかりではないと思います。しっかりと調べたうえで登録していくことが重要かと思います。

さらに、長時間のパソコンやスマホによる悪影響もう想定されます。パソコンやスマホの長時間使用により、視力の低下や姿勢の悪化など、現在様々なことが指摘をされています。

 

一定集中をして、取り組む必要がありますので、適度に休憩を入れるなど、バランスを持って行う必要があります。

親に黙って登録できるポイントサイトもありますので、親御さんが知らないうちにデメリットを被っている可能性もありますので、それらをケアできるといいですね。

お手軽と言うだけではなく安心安全に配慮しながら、気長に楽しくポイント貯めていくことが重要かもしれません。
よいポイントライフを。

 

© 2020 レッツポイ活|スマホで稼げるポイントサイト・お小遣いサイトの副業術

\今月おすすめのサイト/
即300円分のポイントがもらえる!
ポイントインカム
\今月おすすめのサイト/
即300円分のポイントがもらえる!
ポイントインカム