誰でもできるお小遣い稼ぎ法を紹介

未分類

ディズニープラスが解約できないのはdアカウントというディズニーアカウントを削除しただけは解約できず電話かウェブで解約をする必要がある

ディズニープラスのサービスを解約できないという方の多くはdアカウントとディズニーアカウントを削除すれば解約したも同じなので解約できているだろうと思い込んでいるだけで実はこの2つのアカウントを削除しただけではディズニープラスのサービスの解約はできないのです。ディズニープラスは解約を申し出る場合、電話かウェブの2択で解約を申し込む必要があり、アカウントを削除しただけでは不十分なのです。そして、電話で解約を申し出る場合注意点がありまして、普通の固定電話で解約する場合にかける番号とNTTドコモのスマートフォンから電話をかける場合とでは異なる電話番号である点が注意すべく点です。ドコモの場合、151で解約を可能としますが、固定電話やそれ以外の電話からかけて解約を望む場合、0120-800-800からでしか解約できません。これはドコモの音声案内で解約を申し込むので別の携帯端末や固定電話からの解約についてはこちらの番号になるのです。なぜ、このように回りくどいやり方でしか解約できないかを説明しますと、ディズニープラスというサービス自体が実はドコモが提供しているサービスでドコモとディズニーが共同で提供しているサービスであるが故、どこもユーザーは151と短いコールで連絡を取ることが可能で、それ以外の方については長めのコール番号で連絡しサービスの提供を停止するという処置をとる必要がある故、このように電話番号が2つ存在しているのです。よってどこもユーザーであれば、151の番号で即座にディズニープラスの解約処理を可能としますが、それ以外の場合、フリーダイヤルにて音声案内に従いサービスの解約をしないとならないのです。ですので一番簡単な解約方法であれば、おそらくウェブ上で解約をするのが一番簡単であると言えます。これは、マイドコモというアカウントから解約を行うというもので、マイドコモにログインをしてから契約内容と手続きという欄を確認して解約するサービスを選んで解約をするという方がわざわざ電話でどのサービスを解約するかを言わなくてよいのでおそらくこの方法が一番手っ取り早いです。そのうえで、マイドコモのアカウントは別にどこもユーザーでなくとも取得できるのでスマートフォン端末から解約を行えば一番解約が手っ取り早く行えるでしょう。では、なぜ、ディズニープラスのサービスは、なかなか解約できないと言われているかですが、まずおそらく、たいていの人はdアカウントとディズニーアカウントの両方がサービスを受けるために必須なものだからこの2つを削除すれば解約だろうと感じるのでしょうが、実はこの両者のアカウントは再度作り出すことが可能なので厳密には契約は続行していてマイドコモから契約内容を確認して解約をしないと絶対に解約をしたという扱いにならないのです。つまり、サービスを受けるが受け手のアカウントを一度整理したという風に見なされるが故、サービスは継続して受けているとディズニープラス側はとらえるわけです。ちなみに、ディズニープラスは解約を申し出てそれが受理されると即座にすべてのサービスの利用ができなくなるので動画コンテンツが見れなくなるなど解約が果たされたことに関しては即座に分かるようになってます。逆に解約処理をしたのにもかかわらず、動画が見れている場合、解約がまだ果たされてない状態なので時間を空けて再度コンテンツにアクセスしてみて解約できているかどうかを確認すればよいでしょう。それで解約ができていない場合、マイドコモに再度アクセスして契約内容の確認を確認してディズニープラスのコンテンツがあるかどうかを確認してある場合再度解約を行うしかないでしょう。それで解約が通らない場合、電話に変更して解約処理を行うというのが無難で電話かウェブのどちらかで解約をすれば間違いなく解約は可能なはずです。なお、ネット回線がつながらない場合や、相手事業者側のネット回線が不安定な場合、解約が果たされない可能性が高いのでネット回線が安定しているかどうかについてはできるだけ事前に確認していた方が良いでしょう。むろん、ネット回線が不安定でも送信するデータの量は多くはないのでおそらくつながりが悪い通信環境課でも解約は果たされると思いますので移動先からスマートフォンで解約処理をしてもおそらくディズニープラスの解約は果たされると思われます。