誰でもできるお小遣い稼ぎ法を紹介

未分類

快糖茶を解約できない時の対処法

快糖茶が解約できないと焦っていませんか。大丈夫です。快糖茶は手順を踏めば解約できますので、飲まないなと思ったら無駄なく購入をストップできます。
まず、解約方法はコールセンターへの電話だけです。メールやネットのフォームで解約の申請をすることはできません。電話するのはちょっと気まずいですが、対面するわけではないので飲まないとはっきり伝えることです。
電話先は050-3850-6127
平日の10:00~17:00のみ
土日や夜は営業していませんので注意が必要です。
伝えることは氏名や住所など、個人を特定するために必要な情報です。しっかりと定期コースは不要でストップしたいと伝えましょう。電話は個人の特定など含めても、5分程度で終了します。しつこい引き留めなどの口コミは見受けられないのですが、理由を参考に聞きたいようなので、味が好みではないとか、体質に合わないなど事前に用意しておくのがおすすめです。

次に解約するときの注意点です。まず次回の商品受取日の10日前までに連絡することが必要です。というのも、発送準備が始まってしまいます。この発送手配は事務所とは別の配送センターで行っていますから、多くの会員の中から探してすぐに止めるという作業は直前ではできません。そのため、10日前までとお願いしています。それ以降になってしまうと、翌月は商品が届き、支払いも発生します。基本的に届いたものは返品はできません。次回が1月20日到着なら、電話は1月10日までに済ませます。ですから、もし解約希望が決まっているなら、連絡時期に気を付けなくてはいけません。
よく他社ではお得なお試し定期コースなら、解約までの購入回数の制限が設けられています。快糖茶の場合はどうでしょうか。ここが快糖茶の解約でややこしいところですが、コースによって縛りの制限が変わってきます。大きく分けてお得な定期お試しコース・通常の定期コース・6カ月コース、12カ月コースがあります。どれを利用中かで変わってくるので、まずは自分の利用しているコースを確認しましょう。
お得な定期お試しコースと通常の定期コースでは、解約はいつでも可能で縛りはありません。1回受け取ってすぐに解約連絡をすれば、利用した分の料金だけでストップできます。しかし、6カ月コース、12カ月コースの場合は、初めから利用する期間を決めて申し込みをしているので、その期限以前に解約することはできません。ですから、快糖茶で解約できないのは6カ月コース、12カ月コースのみです。他のコースは制限なく解約できますし、6カ月コース、12カ月コースも期限が来れば終了するか継続するかを決められます。解約方法が電話で締め切りがあることだけは気を付けるポイントです。次回はいつ来るのかは、商品と一緒に届く伝票に記載があります。ですから、それをなくさないように取っておいて、早めに電話連絡すれば解約もスムーズ進みます。ギリギリだとうっかり電話忘れになってしまうこともあるので、余裕を持っておくと良いでしょう。あとは電話1本で解約できますし、その電話も解約させないといった圧迫感がある姿勢ではありませんので安心です。
また、解約ではなく休止もいつでもできます。飲まないときがあって溜まってきている場合は、一旦インターバルが欲しいでしょう。そんなときにも電話、さらに休止の場合はメールでも受け付けています。解約するのか、お休みをするのかをよく検討してから決めると良いでしょう。お届けサイクルを変更することもできます。通常は1か月に1回届くのですが、それを長くしたりすることも電話で相談、受付しています。届くサイクル変更も可能ですから、快糖茶は比較的融通の利く定期コースと言えます。コールセンターはさまざまなことを教えてくれ受付しているので、何か不安があれば聞いてみましょう。安心で丁寧な対応なので、解約の電話をするのも怖いといったことはありません。体が変ってくるのが3カ月程度は見てほしいということですから、すぐに改善しないと解約するよりも、頑張って続けてからでも解約はいつでもできるので焦って判断しなくても良いでしょう。
快糖茶の解約は電話のみ、次回の10日前までが必須です。解約のほか、休止やお届けサイクル変更まで対応しています。解約できないといったことはないので、自分の都合で自由に続けるも、ストップもできます。だからこそ無理なく気持ちに余裕を持って続けられる、それが体の変化に繋がるのでしょう。