誰でもできるお小遣い稼ぎ法を紹介

銀行関係

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)はポイントサイト過去最高額を知ってから口座開設せよ

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の口座開設は

ポイントサイト経由で申し込むと

\ 最大2,650円相当 /

のキャッシュバックを受け取れます

当サイト限定

  • ポイントサイト新規登録で2,400円相当
  • ポイントサイト経由でPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の口座開設で250円相当

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)をポイントサイト経由で口座開設すると、最大2,650円相当のポイントをもらえます。ポイントサイトを経由しなければ0円。

10社以上のポイントサイトを比較している筆者が、あなたにもっともお得なPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)口座開設時期を教えます。

\新規入会キャンペーン!/

ポイントタウンの公式サイトはこちら

2,400円相当のポイントが!

この記事ではもっともお得にPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の口座開設ができるポイントサイトを紹介して、損をしないようにしてもらいます。

【2022年1月】最高額でPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の口座開設ができるポイントサイトを教えます

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)口座開設の還元額が、もっとも高いポイントサイトは下表のとおりです(詳細は各公式サイトで確認ください)。

順位 サイト 還元額
1位 ポイントタウンハピタス 250円

ポイントタウンの特典が激ヤバです!

ポイントタウン経由で新生銀行の口座開設をすると500円分のポイントが貰え、更に新規登録キャンペーンとして2,400円分のポイントが上乗せされます。

全ての特典を合わせると、合計2,650円分のポイントが手に入るという激熱!

今ポイントタウンでPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)を開設すれば最強にお得!

大事なことなので最後にもう1度だけ言っておきます。このキャンペーンは当サイトから申し込まれた方だけが有効です。

\新規入会キャンペーン!/

ポイントタウンの公式サイトはこちら

2,400円相当のポイントが!

 

ジャパンネット銀行はポイントサイト経由で口座開設を行うことにより、最大2,500円相当の還元が2020年6月当時において実施されています。ポイントサイトが付与するポイントの1,500円相当と、現金キャッシュバック1,000円という内容が2か所において進呈されます。ジャパンネット銀行の口座開設は、還元額の低いポイントサイトから申し込む必要はありません。還元額の低いポイントサイトを選んだ場合付与されるポイントにおいて、1,000円以上の差がつく可能性が生じるためです。同年当時におけるジャパンネット銀行口座開設の還元額最高値は、「1位アメフリ還元額/1,500円、2位ライフメディア還元額/1,350円、3位ポイントタウン及びポイントインカム還元額/共に1,300円」となっています。これらの還元額にポイントサイトにおける、入会特典を加えた場合還元額の最高値が変動します。1位は「ライフメディア」になり、入会特典500円を加えた還元額合計は1,850円になります。2位は「ポイントタウン」になり、入会特典400円を加えた還元額合計は1,700円になります。なお当該還元額に3人に1人の当選確率となる、アマゾンギフト券500円分を足した場合還元額合計は2,200円になります。3位は「ポイントインカム」になり入会特典400円を加えた還元額合計は1,700円になります。これらの入会特典を含めて、最も高い還元額となったポイントサイトを選ぶことをおすすめします。 現在は「ライフメディア」においてジャパンネット銀行の、口座開設行うことが最も得だといえるでしょう。
ジャパンネット銀行の口座開設における、還元額の平均ラインは1,500円以上です。2020年4月並びに5月はコロナの影響もあり、ジャパンネット銀行を取り扱っているポイントサイトは少なくなりました。同年6月に入り平均ライン1,500円以上の、還元額を越えるポイントサイトが登場しました。またジャパンネット銀行公式サイトで開催されている、キャンペーンも取り逃がさないことでより得になります。ジャパンネット銀行の普通預金口座を保有していないユーザーにおいても、参加可能なキャンペーンが同年4月1日から5月31日まで開催されています。簡単なクイズに返答しエントリーするのみで、2,020名のユーザーにアマゾンギフト券500円分が当たるキャンペーンでした。さらに同年4月15日から6月30日かけての期間中に、エントリーが必要なキャンペーンも開催されています。これはジャパンネット銀行の「Pay-easy」を、1回あたり税込300円以上利用したユーザーが対象のキャンペーンになりました。そして常設においては「Visaデビット」を利用することにより、1,000円分が付与されるキャンペーンもあります。口座開設月の2ヶ月後の月末までを期限とし、ジャパンネット銀行の「Visaデビット」を3回以上利用することが条件になります。キャッシュカード「Visaデビット」は、「年会費無料、発行手数料無料、審査なし」などにおいて申し込むことが可能です。                                                       ジャパンネット銀行における口座開設のタイミングは、ポイントサイト経由において1,500円以上の還元額を超える時期を狙います。ポイントサイト経由において付与されるジャパンネット銀行口座開設の、還元額過去最高値は2019年12月当時にポイントサイト「アメフリ」が提供した1,500円です。最も得にジャパンネット銀行の口座開設を行うためには、当該過去最高値1,500円に近づいた際においてポイントサイトへ申し込むことが大事です。予め過去最高値を知っておくことにより、ジャパンネット銀行における口座開設タイミングの良し悪しが判断できます。ちなみに「アメフリ」によるジャパンネット銀行口座開設時における過去最高還元額の推移は、「2019年12月最高還元額/1,500円、2020年1月最高還元額/1,500円、2020年2月最高還元額/1,500円、2020年3月最高還元額/1,500円」などになり平均値は1,500円です。ジャパンネット銀行の口座開設を急いでいるユーザーは、平均値1,500円の還元額を上回ったポイントサイトにおいて口座開設を行うことをおすすめします。2019年12月から2020年4月までの5ヶ月間において、ジャパンネット銀行還元額1位獲得回数はポイントサイト「アメフリ」の4回でした。この結果を踏まえた上で1番得にジャパンネット銀行の、口座開設の可能性が高いポイントサイトは「アメフリ」であるといえるでしょう。 ポイントサイトにおいてジャパンネット銀行の口座開設を行う際は、まずポイントサイトへ行き口座開設を申し込むという流れになります。この手順を踏むだけでポイントサイトから最大1,500円のポイントが付与され、ジャパンネット銀行公式サイトにおいて現金1,000円のキャッシュバックを受けられます。「ポイ活」においてジャパンネット銀行は有利に働きます。その理由は殆どのポイントサイトにおいて、ジャパンネット銀行を取り扱っていることが挙げられます。手数料無料においてポイントの現金化を、提供するポイントサイトが7社あり楽天銀行の次に多いという実情も挙げられます。そして「アメフリ」では交換ごとに50円が付与され、「すぐたま」においては1,000円以上の交換で手数料が無料になります。

近年インターネットを利用してYouTube動画投稿で生計を立てている人の数が急増してしています。それにはいくつかの理由がありますが、一番大きいのはその自由さではないでしょうか。

本業は別に持っていても、YouTube動画投稿で本業以上の収入を得ている人たちの数も多いです。YouTube動画投稿で生計を立てることができることを確認した人たちは、会社を退職してYouTube動画投稿だけに集中する人たちも数多く見かけます。

それらの人たちが一番多く振込銀行として利用されているのがpaypay銀行ではないでしょうか。paypay銀行が登場したのは比較的近年になってからです。日本全国各地の銀行で口座を開設するためには日本に住所を定めていなければなりません。

paypay銀行も他の日本の銀行と同じように、国内に住居を構えていないと銀行口座を開設することができません。日本に住所を持っていない非居住者は銀行口座を開設できませんので注意が必要です。

なぜこの新しい銀行がこれほど人気なのでしょうか。それには大きな理由がありました。この銀行が運営するポイントサイトとの関連が大きいと思います。歴代過去最高とも称されるポイントの還元率は、人々の熱い視線を浴びています。

日本の全国各地にはたくさんの銀行がありますので、どうせ預金をするのであれば、ポイントサイトの制度があって、しかもできるだけポイントが高いところを狙うべきでしょう。そういう意味ではpaypay銀行は理想的な銀行の一つとなります。

とはいえこの新しい銀行には実績がありません。しかしながら若い人たちは次から次へとこの銀行に移り変わって、この銀行を積極的に利用しています。それもこれもポイント制度があり、そのポイントが高いからに他なりません。

ホテルで宿泊したりレストランで豪華な食事をする時でも、paypay銀行を使って支払いができますのでとても便利です。インターネット動画サイトを運営されている人たちはこぞってこの銀行を利用しているようです。

この銀行はその昔ジャパンネット銀行と称されていました。その時には大した銀行ではなかったのですが名前を変えた途端に爆発的なヒット商品となりました。どうしてそのようになったのか理由は定かではないですが、英語の銀行名が気に入られたのかもしれません。

paypay銀行は新規入会キャンペーンでさらにお得な設定となっていますので、どんどんお客様を呼び込むことができています。ポイントサイトの導入もその一環ですが、この銀行のポイントの還元率は業界一とも称されています。そのため若い人たちを中心として大変な人気を集めているようです。

公式入会キャンペーンというのもありまして、それを利用すれば、なんと現金3,200円が貰えるという超絶お得案件となっています。もしかしたらこれがこの銀行が発展してきた理由なのかもしれません。それにしてもその急激な伸び率には驚かされます。

銀行業界でも達成できなかったような大きな会社の伸び率を達成しているのがこの銀行です。若い人たちは流行に乗りやすいという傾向があります。一番最初に若い人たちの心を捉えたのはやはり銀行名だと思います。ジャパンネット銀行は不発でしたがpaypayy銀行と銀行名を変えたとたんに、銀行の申込者が殺到したということです。

もう一つ大きな戦略はやはりあのポイント制度です。お買い物をしたり支払いをするたびに大きなポイントが加えられるというのは大変大きな魅力があります。ポイントはお金を使っているうちに自然に溜まっていきます。たくさんたまったポイントを利用して憧れのハワイ旅行に出発することも夢ではありません。

paypay銀行の銀行口座開設でもっと得する方法もあります。様々な戦略を駆使して若い人たちの心を捉えてしまったpaypay銀行ですが、次から次へと新しい戦略を出してくるのも大きな特徴です。この多様性と俊敏性が若い人たちの心をとらえててしまったということではないでしょうか。

paypay銀行にするメリットはとても大きいです。支払いが簡単にできるというのが一番の魅力です。スマートフォンや携帯電話を持っていれば、それを使って簡単に決済ができるというのも今の人たちの心を捉えてしまっています。

paypay銀行にすると財布に大金を納めておかなくても安心して旅行をしたり買い物をしたりすることができます。キャッシュレスの時代といわれますが、これからはますますキャッシュレスが加速していくものと思われます。